読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つつがなく、しなやかに、

都内の20代OLの小さな楽しみを書き留めていきます。

雨は降っても、まだ地は固まってない

今日は彼氏殿に当たり散らしてしまった。

会社同期の仲のいいグループで飲みに行くと言って、不安な気持ちは抱きつつも送り出した。なぜ不安になるかというとグループの一人が距離なし女で、特に彼氏殿に粘着しているからだ。そんなのの誘いに乗る人じゃないとはわかっているけど、なんとなく心配はしていたが。

やっぱり距離なしはまるで彼氏殿と二人でデートでもしたかのようなSNS投稿をやらかしてくれた。こういうのでいちいちアピールするやつもいたり、いちいち腹を立てるわたしもいたりで面倒な世の中になったものだとは思うが、こんな形でまるで自分の彼かのような宣伝をしてイイネを稼がれてもたまったものじゃないので、彼氏殿側に抗議をするしかなく。

なぜそんなに脇が甘いんだとか、いろいろぶつけてしまった。

今回行ったのも別の人と話したくて行っただけだし、最終的には次はもう誘われても行かないなどと言っていたのだが、そういうことでもなくて、会いたい人に会うなら会えばいい、けどこんな距離なしにホイホイ付け込まれてくるんじゃないよと。

 

少し時間が経ってから思ったのは、彼氏殿がそういう場で変な隙を見せずにちゃんとあしらえると100%信じられていない自分と、自分のほうが絶対に魅力的だという自信を持てない自分がいたということ。

すべて自分のせいのような気がして気分が重くなった。